本文へジャンプ
    電気通信大学国際戦略室
国際戦略室について

●国際戦略室長より
    電気通信大学では、2013年に「研究大学強化促進事業」に採択され、それに伴い、これまで研究推進機構研究推進センターの下部組織として設置された国際連携推進室及び、国際交流センターが、それぞれ研究と教育の国際化を担ってきました。
 また、2015(H27)年度には「大学の世界展開力強化事業」に採択され、新たな国際交流の取組みが加わったことから、学長のリーダーシップのもと、教育と研究を両輪として、本学の国際化を一体的に取り組むことができるよう2017年に「国際戦略室」が新たに設置されました。
 本学は、この戦略室を中核として、一層の国際化を推進し、電気通信大学の基本理念としての人類の持続的発展に貢献する知と技の創造と実践の推進のため、研究・教育の両面で国際交流を図るとともに、総合コミュニケーション科学の教育実践の場としての世界拠点を目指します。
  
国際戦略室長
中野 和司

●国際戦略室の業務
  国際戦略室は本学の国際戦略・国際交流に関する以下の業務を行う。
   (1) 共同研究及び学術研究の国際化のための企画・立案・支援に関すること。
   (2) 国際交流協定の締結・改廃に関すること。
   (3) 教育研究活動・成果の海外への発信に関すること。
   (4) その他国際戦略・国際交流のために必要な業務に関すること。


●担当事務
  学術国際部 国際課 国際企画係

●国際戦略室の規程
   電気通信大学国際戦略室規程(平成29年1月25日)